ソリューションサービス

業務基幹系・情報系システム開発

情報資産を有効に活用できる
システム開発を支援しています

日本を代表する大手企業の大規模案件で培った業務知識や開発実績を活かし、お客様の情報資産を有効に活用できるシステム開発を支援しています。さまざまな業種・業態の業務基幹系システム、情報系システムを上流工程のコンサルティングから、設計・開発、保守・運用までライフサイクル全般にわたる開発をサポートします。さらにITILの運用ガイドラインを活用し、お客様のシステム運用の実態調査を踏まえた業務改善を提案します。

多種多様な業種の基幹業務システムを担当してまいりました。

  • 銀行・信託向けシステム開発
  • 保険向けシステム開発
  • 証券向けシステム開発
  • 流通・サービス向けシステム開発
  • 製造向けシステム開発
  • 公共・行政向けシステム開発

プロジェクト紹介

鉄鋼向け注文情報配信システムの構築
【案件概要】

鉄鋼向け注文情報配信システムの構築

【システム開発目的】

鉄鋼に関する注文情報と生産工程情報をIBM-MFで一括管理しているが、徐々に分散系AIXへのAP移行・拡充が進む中、データ提供の多頻度化のニーズが高まってきたため、MFでのデータ改廃をリアルタイムで取り込み瞬時にデータ提供を果たすDWHに対する品種拡大を展開する。

【システム開発内容】

常駐連携機能: MQ連携機構を用いたIBM-MF→DWH →データ提供先APへのデータ連携、マスタ情報の提供
週次機能:最新情報以外のデータバックアップおよびドロップ
月次機能:18ヶ月保持期間外のデータバックアップおよびドロップ

【弊社の担当】
  • 基本設計(ファイルレイアウト定義・DBオブジェクト定義・JP1定義)
  • 詳細設計、製作、テスト検証、実装
  • 維持保守
【期間・規模】

開発期間:12ヶ月 バッチ数:33本 最大チームメンバ:3名
20人月(弊社担当分) / 25人月(全体)

【開発環境】
OS Windows VISTA、IBM AIX5.3
DB Oracle10g
開発言語 Eclipse 3.7
(Java、SQL、shell、xml)
コンポーネント JDK1.6
顧客独自フレームワーク
【システム構成】

IBMホスト→バッチサーバ(IBM-AIX)→DBサーバ(IBM-AIX)

金融機関向け情報系システム更改
【案件概要】

サーバ及びミドルウェアの保守期限終了に伴うサーバ更改案件

【システム開発目的】

社内に多数の情報システムを抱えており、システムごとにそれぞれ別々のサーバ(プラットフォーム、ミドルウェアも別々)を構築していたが、更改を機にプライベートクラウド(PaaS)を構築をして、各システム環境の統一化を行う。

【システム開発内容】

ハードウェアへの投資抑制、システム開発の早期化・効率化、運用コストの削減を図る。
※向こう2年間各システムごとに更改を繰り返すのに比べ、大幅なコスト削減を実現。

【弊社の担当】
  • 新環境での共通機能の検討
  • 名寄せ・計数管理システムの新環境へのコンバージョン
    ※C、Shell、SQL、PL/SQL、SAS → PL/SQL、Python
  • DWHの構築
    ※新規要件も多くユーザヒアリング等要件検討作業から参画
【期間】

2010年6月~2011年12月

【規模】

200人月(一括請負)

【開発環境】
OS AIX6.1
DB Oracle11g
APサーバ Weblogic 10g
BIツール Hyperion
開発言語(バッチ) PL/SQL、Python
開発言語(オンライン) Java
  • OS環境の設計・実装を標準化(テンプレート化)することで、基盤構築の短期化、コスト圧縮を実現した。また、環境が標準化されることで運用も簡素化され各システムごとに配置していた運用担当を1つに統合した。
  • OSを仮想化することでハードウェアリソースを有効活用しハードウェア投資を抑制。
【システム構成】

旧環境 AAシステム用サーバ BBシステム用サーバ CCシステム用サーバ

新環境 AAシステム用領域 BBシステム用領域 CCシステム用領域

ITに関する課題を解決へ導きます。

プロジェクト管理経験を積んだマネージャー人材、さまざまな業務分野で経験を積んだスペシャリストが、上流から下流まで、幅広いフェーズにわたり、最適な提案をさせていただきます。

お問合せ TEL.03-5951-1177

お問合せフォーム